「質問」で人の行動変容を起こすならば ”質問中心の研修(R)”が得意な「サクシード・マネジメント株式会社」にお任せください!

金沢オフィス 〒921-8013 金沢市新神田2-13-21 第2城南開発ビル3F
東京オフィス 〒108-0074 港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F

076-292-7375

FAX

076-292-7362

お気軽にお問合せください

【基礎編】受講者のやる気と行動力をグングン引き出す!「質問中心の研修講師養成講座」

受講者のやる気と行動力をグングン引き出す!
「質問中心の研修講師養成講座 基礎編」

 

新着情報

ダイジェスト版】(半日コース)をご準備しました

通常版(1日)のカリキュラムの「最も重要かつ好評なカリキュラム」は、全て網羅されています。

このチャンスにぜひご受講下さい。

【ダイジェスト版(半日コース)】

 

NEW

10/6(土)東京

10/11(木)大阪

10/23(火)大阪

10/26(金)東京

13:30-16:30(最大延長17時)

 

<開催地>

東京:品川近辺

大阪:大阪市内

名古屋:名古屋市内

※会場は、お申込者様にお伝えします。

 

 

※全ての日程は同内容です。ご都合の良い日にご受講頂けます。

※ダイジェスト版とは、受講しやすい「半日」セミナーです。

「質問中心の研修って何?」「効果を体感したい!」という方は

ぜひこの機会にご受講下さい。

 

 

【通常版(1日コース)】

一日コースは、次回開催未定です。

申し訳ございません。

受講しやすいダイジェスト版(半日コース)をご利用下さい。

10:30-16:30(最大延長17時)

 

研修講師は、あまり話す必要はありません。

それよりも、受講者に「質問」しながら、どんどん話してもらうというステップを踏んでいく方が良いのです。

その方が、受講者のやる気と行動力が引き出され【研修効果】も受講者の満足度】も高まります。

その結果、「また、あなたに研修をお願いしたい!」と繰り返してオファーがきます。

 

それが「質問中心の研修」というスタイルです。

今回、「質問中心の研修」のメソッドを公開します。

 

【ダイジェスト版】(半日コース)

ご紹介割引あり(受講料 10,000円)のお申込み

↓↓↓

【ダイジェスト版】(半日コース)

ご紹介割引なし(受講料 15,000円)のお申込み 

↓↓↓

【通常版】(1日コース)のお申込み

↓↓↓

オンラインでのセミナー動画購入希望の方
DVDではなく【オンライン配信】なので、外出先でもご覧になれます。

受講者様の声

これまでの社員研修とは別物です。

林秀樹様(社会保険労務士)


社員研修や幹部研修を既に数件受注して実践もしており、受講者さんのアンケートを見ても
「とても役に立つ話を聞けました!!」

と概ね好評でした。

しかし・・・

とにかく行動につながらない・・・

「どうやったら動いてくれるのだろう・・・」

と思い悩む日々でした。

今までの自分のやり方を、全てひっくり返しても良い!!
というぐらいの覚悟で学び始めました。

学んだ成果のひとつとして、研修の受注額が月額10万円(合計60万円)で受注できました。
※講座期間中に。  

きっと以前の様なティーチング研修だったら
受注は出来たかもしれませんが、成果には結びつかない結果に終わっていたと思います

どうしても「やり方」を求めてしまいますが、
この講座が「やり方」だけを教える講座だったら逆に失望していたかもしれません。

クライアントには、直感的に これまでの社員研修とは別物だと感じて頂いております。

また、これまでティーチング形式で幹部研修を行ってきたクライアント先があるのですが、 徐々に「質問中心研修」を導入していき、これまでのやり方とガラッと変えて新たにチャレンジしてみようと思います。

顧問料の値上げができました。

 

稲垣芳基様(税理士)

 

受講前からセミナーや研修を開催することはありました。


しかし、知識を一方的に伝える研修スタイルが確立してしまっていて、受講者さんの「成果」という点で、自分の研修スタイルに疑問を持っていました。

力を入れすぎて、研修をやり終えた後、講師が「へとへと」になってしまう。
しかし、受講者さんの満足度はそれほど高くない。

「質問中心の研修(R)」は、そんな結果とは真逆のことが起きます。

野原先生に教えていただいた方法を取り入れると「ワクワク感」が出てくるのが分かります。

不思議な感覚です。

研修の場が「辛い」から「楽しい」に変わります。


講座期間中での成果は、「契約が2件」「顧問料の値上げ」です。
経済的価値にすると、200万円以上になりました。

野原先生が、どんな姿勢でクライアントと接していて、それがどんな効果を生むのかも、自分自身がモデルケースになって体感することができます。

今後のクライアントへの接し方に、かなり活かせます。
本当に受講して良かったと感じています。

 

年間契約を、
3件獲得できました。

小島敦子様(研修講師) 

 

「単発研修」から脱却し「年間契約」にしたいと思い、学ぶことを決めました。

 

学ぶにつれて、今までの研修の進め方・考え方が変わりはじめ、講師が話をする「教える研修」から、受講者どうしが「学びを得る研修」にできたことが大きかったです。

 

「質問中心」スタイルにすることで、講師が多く語らなくても、研修が成り立つことを実感しました。

 

研修の反応の良さから、「単発研修」の予定が「年間研修の契約」になりました。

この流れで「3件」も「年間契約」になったのは驚きです。

 

数字の成果としては、340万円になりました。※講座期間中にて。 

 

受注が決まった企業さんと長くお付き合いさせていただくために実施すべきことも分かったので、これを実施して、どんどんご提案をしていきたいと思っています。

 

年間契約目標は、当初の目標から「上方修正」しました。

 

今後のご提案もスムーズにいきそうです。

 

作成する研修資料が激減
(40ページ →
3ページ)
「報酬は2倍」
になりました。

村上剛久様(社会保険労務士)

 

数多くの講演を行っていて「分かりやすさ」などについては高評価をいただいていましたが、「社員研修」ではなかなか成果を出すことができず悩んでいました。

成果にコミットできる研修講師になりたいと思って学ぶことを決めました。

社員研修で参加者の行動変容を起こすためには、情報提供型ではなく「質問中心」の研修が効果的であることが分かり、自分の研修スタイルが「抜本的」に変わりました。

結果として目的やニーズに応じてスタイルを柔軟に変えることができるようになり、講師としてのバリエーションが広がりました。

とある団体主催のセミナーで「質問中心」の研修を行ったところ、主催者に大変満足していただき、当初の契約条件の講演料よりも高い報酬(2倍)をいただくことができました。

2時間の研修では、通常は「40ページ」くらい必要なセミナースライドが、A4判のプリント「3ページ」で済むなど資料の作成時間が大幅に短縮できました。

ワーク中心でそのまま自分のコンテンツとして活用できる講座内容であり、そして野原先生が親身になってフォローして下さるので、安心して実践できることが特徴です。

 

 

研修準備にかけた
「労力」に見合う
「結果」になっていないと悩んでいました。

山口栄一様(社会保険労務士)


研修準備について「かけた労力」に見合った「反応」と「報酬」になっているかというと、不満が残る場合も多かったです。

「研修の資料作りが、ぐっと楽になった」
という受講者のコメントが、
この受講を決めた一番のきっかけでした。

ご紹介を頂けるのはありがたいのですが
紹介中心の「受け身」で事業展開してきて、
これからは積極的に営業にも力を入れていこうと考えたときに、


資格以外の自己アピールポイントが
うまく作れていなかったという悩みもありました。


そこで、

本格的に受講しようと決意しました。


「質問中心の研修(R)」を受講する過程で、

自分自身が何をやりたいのか、
経営者に対してどう向き合うのか

というようなことを自問するうちに、

自分の進みたい方向性が見えてきて、
自然とセルフイメージが固まってきました。

それによって、
セルフイメージを前面に出して
自己PRできるようになりました。

今後は、
経営者の課題やビジョンに対する
長期コンサルティングや長期研修を中心に、

地元企業の活性化のために
活動していきたいと考えています。

今までは
「単発」の研修がほとんどでしたが、

「働き方改革~組織活性化のコンサルティング」、

「経営理念・事業計画作成」という長期コンサルティングなど、

年間または連続での研修受注という
成果につながっています。

報酬額も、今まではなかなか提示できなかった金額での受注に結び付いています。


一緒に前進しよう、学ぼうという仲間がいることが、自分にとって大きな励みになります。

また、自分で考え答えを出すという、
強制的に自分と向き合う貴重な時間になっています。

・成果の大小や他人との比較を問わない考え、

・言いたくないことは言わなくてもいいという自由度、

・自分の考えがまとまるまでじっと待つ姿勢、

・でも成果が出るようにきちんと応援・サポートします!

という
野原先生の関わり方は、コンサルティングの進め方として大変参考になっています。

 

「自分」の意思で行動を起こすきっかけを
提供したいと思っていました。

伊藤治男様(人事コンサルタント)
 

研修資料(パワーポイント)作成に

多大な労力と時間を費やしていたので、

それらを軽減したいと思っていました。


また、もっと参加者にたくさんの気づきを提供することで

自分の意志で行動を起こすきっかけを
提供したいと思っていました。

研修のビフォーアフターを意識することで、
そのために何を提供すれば良いのかを
起点に考えるようになりました。

研修の作り方が
根本的に変わりました。

知らず知らずのうちに
受講者を自分の意図する方向に
コントロールしようとしていましたが、

受講者の可能性を信じ、
理解度や場の雰囲気などの状況に合わせて
研修を進めるスタイルに変化しました。

これまでは、
メニュー毎に提案をしていましたが、

・会社の成長のステージ、
・経営者の意識している課題、
・ヒアリングして導き出した問題の根源

、、、をもとにした、パートナー型のコンサルスタイルを確立し、研修と組み合わせて提案することができました。


その結果、
時間単価も5万円アップしました。

講師が多く語らなくても
受講者の気づきや学びが多く、

参加満足度が高いうえに
行動するきっかけになっています。

研修に参加した社員の感想も
レベルアップしています。

ただ「頑張ります」と記入していた社員が
「毎日チームで10分間のショートミーティングを実施する」など自主性に基づいた具体的な内容が考えられる成長しています。

何にフォーカスし、そこに絞ったどんな行動を継続していくのか? 

頭では、理解していてもなかなか、
自分一人の力で実行し続けることはできません。

優秀なマラソン選手に良いコーチがいるように、適切なペース配分と、状況に応じた適切なアドバイスは不可欠です。

質問中心の講座は、そんな環境をさりげなく提供してもらえる場であり感謝しています。

 

自分ひとりでは実行できないことを
実行できる環境があります。

 

230%以上アップ
の金額で
リピート受注
できました。

尾村麻由美様(研修講師)

 

企業さまの課題解決に対して、コーチング研修という関わりだけではなく、その他の幅のあるご支援ができるようになりたいと思っていました。

また、単発の研修ではなく、長くお付き合いのできる社長のパートナー的な存在になりたいと思っていました。

自分一人で考えるのではなく、アイデアレベルでもお客様のお声を聴けるようになりました。

ご支援させていただいている企業さまから、230%以上アップの価格でリピート受注をいただくことができました。

また、その社長さまに「尾村さんとは長いお付き合いをさせていただきたい」と言っていただけたことがとても嬉しかったです。

私を含む受講者さんの質問に対する野原さんの回答が的確過ぎてすごいです。

また私たちが成功することを心から望んで下さっていることが伝わる、目には見えない熱量というか、本気さというか、その思いや期待に応えたくなったのも成果が出た要因だと思います。

 

なぜ、こんなにリピートで研修依頼が多いのか、その秘密が分かった。

社会保険労務士 瀧田勝彦様

 

・研修とは知識を人に教えるものだと思い込んでいたが、一緒に価値を作っていくという「パートナー型の研修」という存在を初めて知った。

 

・今までそれほど多く企業研修をしていなかったが、今日のセミナーを受けて、これは私がやるべき仕事だ!と感じたので、今後(積極的に)やっていこうと思った。

 

・なぜこんなにリピートで研修依頼が多いのか、その秘密が分かった。

この講座の3つの特徴
※ダイジェスト版にも全て含んでいます。

がんばらなくてもいいアイスブレーク

研修時間の開始早々に受講者さんが「行動変革の決意」をしてくれると、講師として心理的に余裕が出ます。

それを実現させてしまうのが「本題直結型アイスブレーク」です

派手なアイスブレークで

講師も受講生もがんばらなければならないのはしんどいですが

「本題直結型アイスブレーク」は

誰もがんばらなくても自発的な行動変革を促すことができます。

この講座では、その手法を公開しています。

また「本題直結型アイスブレーク」のコンテンツ使用権利をプレゼントします。弊社に使用許可を取る必要はありません。使用料も発生しません。

「本題直結型アイスブレーク」はアイスブレークのみならず、メインコンテンツにも使用できる優れたフレームワークなので、そのまま使用することで、あなたの研修コンテンツも増えます。

リピート受注につながる「研修設計シート」

「研修のカリキュラムがうまく組み立てられない」というお悩みをお持ちの講師の方には、ピッタリです。

「受講者様のお悩みを解決するための仕掛け」

「リピート受注につながるための仕掛け」

これらが含まれた研修設計シートを使って、あなたの研修の満足度を向上させ「また先生にお願いしたい!」とお客様から言われる研修構築につなげて下さい。

受講者のやる気を引き出す「研修アンケート」

質問中心の研修で行う研修アンケートは、このような特徴があります。

・たっぷり書いてもらえる。

・受講者さんのやる気と行動力が引き出しやすい。

・リピート受注につながりやすくなっている。

このような状態になる理由は「フォーマット」と「アンケートのとり方」に秘密があるからです。

この講座では、その秘密を公開しています。

「そのまま使えるアンケートフォーマット」もプレゼントしています。

受講対象者

企業研修ビジネスを始めて間もない人(1度以上、研修講師経験がある人)
企業研修をビジネスとして本格的に実施していきたい士業、研修講師、コーチ

とくにこのような方にお役に立てます
  • 講師が一方的に話す研修スタイルから脱却したい人

  • 法人のお客様が1社以上ある人(取引きの深さは問いません)

  • 一度以上、研修講師経験がある人(研修時間、研修参加人数は問いません)

  • 派手なアイスブレーク、研修進行が、実は自分には合わないと思っている人

  • 企業研修の内容にもっと自信をつけたい人

  • 大量レジュメ作成から解放されたい人

  • 人の行動力を引き出す「質問中心の研修」というスタイルを、自分の研修に取り入れたい人

  • 自分が話すよりも、受講者どうしが話し合って活気あふれる場を作っていきたい人

  • 研修開始直後の受講者の冷たい視線が耐えられない人

  • 本当は企業さんに入ってマンツーマンコーチングをしたいが、研修講師の仕事は避けられないと思っているプロコーチの人

  • 企業研修も本格的にビジネスに加えていき、顧客単価を上げていきたい士業の人

  • 同じ企業さんと長く深く取引きをしていきたい人

  • 近い将来は、講師ではなくコンサルタントとして顧問契約を結びながら企業さんに関わっていきたいと思っている人

  • 「質問中心の研修講師」の「理念」に共感できる人

【ご注意】
このような方にはお役に立たない内容です

※どれか1つでも該当する場合には、お役に立つことはできませんので、お申込みはご遠慮下さい。

  • 一度も研修講師経験がない人
  • 企業ではなく個人を対象に研修講師をしたい人
  • 自分自身がスポットライトを浴びるのが大好きな人
  • 特定の企業に深く入り込むスタイルではなく、浅く多数の企業さんとお付き合いしたい人
  • 全国講演活動をしたい人(講演家の養成講座ではありません)
  • 「質問中心の研修講師」の理念に共感できない人
「質問中心の研修講師」の理念
  1. 受講者の可能性を心から信じて接する。

  2. 受講者自身が自分の可能性に気付き、胸を張って堂々と生きることができるよう支援をする。

  3. 自立心を持ちながら相互支援できる人を増やし、ともに成長していきながら、より良い社会づくりに貢献していく。

  4. 講師自らも常にチャレンジし続け、自分の能力を高め続けることを楽しむ。

※誠に勝手ながら、この理念に賛同できない方は、お申込みをご遠慮願います。

この講座で得られるものは

研修日より前にするべき準備事項が分かるので、余裕をもって研修当日をむかえられます。

効果的な質問の仕方、演習途中の声かけの仕方が分かります。

受講者の行動力を引き出すコンテンツの作り方を学べます。

最短時間で受講者をゴールに導く方法が分かります。

「また先生にお願いしたい!」と繰り返しの受注につなげるコツが分かります。

研修カリキュラム
  1. なぜ「質問中心の研修」というスタイルが良いのか?
    繰り返し講師依頼がくる理由とは?

  2. ご依頼があっても、いきなり企業研修をしてはいけません。

    • 事前に踏むべき重要なステップとは?

      ____を開催する。

    • そもそも企業研修をするということとは?

      個人が対象の研修との明確な違いを知らねば必ず失敗します。

  3. 研修開始早々に受講者の心をつかむ方法

    • 本題と無関係なアイスブレークをしていませんか?

      いつの間にか本題に入っているスムーズなアイスブレークの具体的テクニック

    • 「あなたの話を聴こう」と思われる自己紹介のコツ

    • 会場の空気が整うグランドルールの伝え方とは?

  4. 「質問中心の研修」で、受講者のやる気と行動力を引き出すコツ

    • 質問中心の研修の全体像

    • グループワークの進め方の基本

    • グループワークに積極的に取り組んでもらえるようになる講師としての進行法

    • 講師としての受け答え方

  5. 「質問中心の研修」をやってみよう!
    自分の専門テーマでの研修設計演習

  6. 講師依頼が増える「自分軸」の作り方

    • ​​どんなことを磨き続けていくのか?

※ダイジェスト版(半日コース)は、通常版(1日コース)にくらべ、詳しい解説を省く箇所もありますが、全て網羅します。

※より実践的な内容にするため、当日のご参加様の状況により、多少の変更の可能性がありますので、予めご了承願います。

受講料
受講料

【ダイジェスト版(半日コース)】

 

通常価格:15,000円(消費税込み)

 

ご紹介割引価格10,000円(消費税込み)

お支払い方法は、「クレジットカード」または「銀行振込み」です。

【銀行振込の場合】

お申込み後に、メールにてお振込み先をお知らせします。

お申込み後「3日以内(土日・祝日除く」にお振込みをお願いします。
※3日を超える場合は、お申込みフォーマットにお振込み予定日を記載願います。

※誠に勝手ながら、お振込み手数料はご負担願います。

どんな人が受講しているのですか?

このセミナーは、次のような方が受講されています。

Q.どんな職業の人?

社会保険労務士(ダントツに多いです!)

税理士、行政書士、中小企業診断士、

司法書士、公認会計士、弁護士、弁理士、

コーチ、研修講師、心理カウンセラー、

相続診断士、フリーアナウンサー 等

 

 

Q.なぜ学びに来られたのですか?

・すぐに使える「本題直結型アイスブレーク」の内容を知りたかった。

・受講者の反応が薄いのが耐えられないので、

 研修で受講者の「やる気」を引き出す方法を知りたいから。

・「質問中心の研修」というスタイルは
 ありそうでないスタイルだから。

・今の仕事で企業研修も顧問先に提案して「単価アップ」をしたかったから。

・研修は「単発」で安定しない仕事なので、「リピート受注」をもらえる方法を知りたかったから。

 

 

 

 

日時

【ダイジェスト版(半日コース)】

 

NEW

10/6(土)東京

10/11(木)大阪

10/23(火)大阪

10/26(金)東京

 

同内容です。

ご都合の良い日にご参加下さい。

 

時間は、いずれの日も、

13:30-16:30(最大延長17時) です。

 

 

<開催地>

東京:品川近辺

大阪:大阪市内

名古屋:名古屋市内

 

※会場は、お申込者様にお伝えします。

 

 

【通常版(1日コース)】

次回開催未定です。受講しやすい半日のダイジェスト版をご利用下さい。

10:30-16:30(最大延長17時)

 

※ご都合の良い日にご参加下さい。

 

【昼食のご案内】※通常版(1日コース)のみ

希望者で一緒にセミナールーム周辺の飲食店にて昼食をとります。(各自実費)

 

【延長戦(懇親会)のご案内】

セミナールーム周辺の飲食店にて、延長戦(懇親会)を行います。(希望者のみ)

参加費は、5千円程度で当日現金にてお支払い願います。

 

延長戦(懇親会)時間は、17:30-19:30の予定です。

 

===========================

 

【これまでのセミナー実績】

 

2018年9月22日(東京)→好評終了

2018年9月18日(大阪)→好評終了

2018年9月7日(東京)→好評終了

2018年9月6日(大阪)→好評終了

2018年9月5日(名古屋)→好評終了

2018年9月1日(東京)→好評終了

2018年8月28日(名古屋)→好評終了

2018年8月9日(大阪)→好評終了

2018年8月7日(東京)→好評終了

2018年7月26日(大阪)→好評終了

2018年7月24日(名古屋)→好評終了

2018年7月23日(東京)→好評終了

2018年7月10日(東京)→好評終了

2018年6月15日(東京)→好評終了

2018年5月29日(大阪)→好評終了

2018年5月15日(東京)→好評終了

2018年4月17日(東京)→好評終了

2018年3月20日(大阪)→好評終了

2018年3月4日(大阪)→好評終了

2018年3月3日(東京)→好評終了

2018年2月27日(大阪)→好評終了

2018年2月26日(名古屋)→好評終了

2018年2月24日(東京)→好評終了

2018年2月14日(東京)→好評終了

2018年2月3日(大阪)→好評終了

2018年1月26日(大阪)→好評終了

2018年1月23日(東京)→好評終了

2018年1月21日(東京)→好評終了

2018年1月17日(大阪)→好評終了

2017年10月13日(東京)→好評終了

2017年10月6日(大阪)→好評終了

2017年10月3日(東京)→好評終了

2017年9月29日(大阪)→好評終了

2017年9月28日(東京)→好評終了

2017年9月27日(東京)→好評終了

2017年9月13日(大阪)→好評終了

2017年9月12日(東京)→好評終了

2017年8月24日(大阪)→好評終了

2017年8月18日(東京)→好評終了

2017年8月4日(東京)→好評終了

2017年7月28日(福岡)→好評終了

2017年7月25日(大阪)→好評終了

2017年7月14日(東京)→好評終了

2017年6月24日(東京)→好評終了

2017年6月17日(東京)→好評終了

2017年6月10日(東京)→好評終了

2017年6月9日(東京)→好評終了

2017年6月7日(東京)→好評終了

2017年5月26日(東京)→好評終了

2017年4月14日(東京)→好評終了

2017年3月28日(東京)→好評終了

2017年3月7日(東京)→好評終了

2017年2月18日(東京)→好評終了
2017年1月9日(東京)→好評終了

​​2016年12月28日(東京)→好評終了
​2016年12月9日(東京)→好評終了
2016年10月5日(東京)→好評終了

2016年9月24日(東京)→好評終了

2016年8月24日(東京)→好評終了

2016年7月7日(東京)→好評終了

2016年6月23日(東京)→好評修了
2016年6月15日(金沢)→好評修了

2016年5月26日(東京)→好評修了

2016年5月13日(金沢)→ 好評終了

2016年4月21日(東京)→ 好評終了

2016年4月5日(金沢)→ 好評終了

2016年3月4日(金沢)→ 好評終了

2016年3月1日(東京)→ 好評終了

2016年2月18日(金沢)→好評終了

2016年2月12日(東京)→好評終了

2015年12月14日(金沢) → 好評終了

2015年11月11日(金沢) → 好評終了

2015年10月14日(金沢) → 好評終了

2015年9月11日(金沢) → 好評終了

2015年8月29日(金沢) → 好評終了

2015年7月15日(金沢)→ 好評終了

2015年 6月17日(金沢) → 好評終了

2015年 5月27日(金沢)→ 好評終了 

2015年4月22日 (名古屋) → 好評終了 名古屋初開催

2015年2月11日(金沢)→ 好評終了

2014年12月23日(金沢)→ 好評終了

2014年11月15日(金沢)→ 好評終了

2014年9月15日(金沢)→ 好評終了

【ダイジェスト版】(半日コース)

ご紹介割引あり(受講料 10,000円)のお申込み

↓↓↓

【ダイジェスト版】(半日コース)

ご紹介割引なし(受講料 15,000円)のお申込み 

↓↓↓

【通常版】(1日コース)のお申込み

↓↓↓

講師プロフィール

野原ひでお

質問中心の研修講師
サクシード・マネジメント株式会社 代表取締役

 

石川県金沢市出身。

両親ともに経営者でない環境で育ったにも関わらず、2005年に研修会社を立ち上げる。

ゼロからのスタート。

 

自分に無いものにフォーカスするのではなく

「自分の強みは何か」と自分に問い続け、

「質問中心の研修」という独自の手法の研修を開発。

 

「研修を受けると、自然に行動したくなる」と好評で、次々とリ ピーターを増やす。

 

コンサートホールでの「質問中心の研修」の開催実績あり。

東京・品川にてセミナー講師デビューも果たす (複数講師での合同セミナー。セミナー参加者は全国から100名超)。

 

これまでの支援企業210社、研修回数2,300回を超える。

 

質問中心の研修講師養成講座【基礎編】および【実践編】を主宰。

石川県金沢市という地方開催のセミナーにも関わらず、東京、大阪、名古屋から受講に来る。

なかでもわざわざ東京から受講にくる受講者割合は全体の15%という、地方開催セミナーでは異例の状況になっている。(2015年8月現在)

その後、2016年より、東京にて本格的に開催中。全国から受講者が集まってきている。

(東京、大阪、名古屋、福岡での開催実績あり)

 

毎朝発行している「質問 メルマガ」の「心の栄養を増やすヒント」は、2,896号を超える

 

「質問中心」というスタイルが注目され

日本コンサルティング推進機構様(著)の
「日本の専門コンサルタント」に掲載して頂きました。

※2017年度版に続き、2018年度版にも掲載して頂きました。

 

受講料は、すぐに回収できます。

しかしすでに法人のお客様とのお付き合いがあるあなたでしたらお分かり頂けると思いますが1回だけ企業研修の仕事が入れば簡単に回収できる金額です。

しかも「質問中心の研修」というスタイルを自分のものにして

「今日の研修はとても良かった。また先生にお願いしたいです!」

と言われリピートでのご依頼がきたら。。。

別の顧客企業さんでも、この手法をずっとこの先も使っていけるとしたら。。。

 

顧問先企業さんの方で私の研修を受講して下さったある男性サラリーマンの人からこんなことを言われたことがあります。

「社内で後輩指導をするときに野原さんのような『質問中心の研修』というスタイルで受講者の発言を引き出していきたいんです」

私はこのメソッドをA4の紙で3枚程度にまとめ30分間で説明しました。
後日、こんなことを言われました。

「完璧ではないですが、あのスタイルで社内研修ができました。受講者の様子も活気があり、講師をして自信もつきました。今後も、もっと「質問中心」というスタイルで講師をしていきたいと思います」

私は率直にこのように感じました。

苦労して作り上げてきたノウハウなのにたった30分間だけの説明でこんなに簡単にマネされてしまっていいのだろうか。

ライバルを自ら作ることにはならないだろうか。

でも、その笑顔と自信たっぷりで人を育てていこうという意欲たっぷりのその男性の表情を思い出すと「結構、良いことしているかも」と自分をほめたいという気持ちにもなりました。

また後日、プロコーチの女性の人「個別コーチングだけでなく、企業研修もビジネスとしてできるようになりたい。

コーチなので「質問」を使った企業研修に興味があります。ぜひ、その方法を教えて下さい」と言われ個別コンサルティングをさせて頂きました。


とくに研修の入り方受講者の心のつかみ方受講者の行動の引き出し方などを「質問」を使ったワークの具体的な手法でお伝えしたところ「初めての企業研修でしたが、うまくいきました。次の階層の方への研修実施の話も出てきました」

いとも簡単にコンサルティング費用を回収されました。

そしてさらにうれしかったのは「苦手意識を持っていた企業研修に自信がつきました。もっとやっていきたいです」と、講師自身の行動意欲が引き出されていったことです。

講師自身が自分を変えるためにチャレンジしようと動き始めると研修受講者の方にとって良いお手本になります。

研修効果も向上するのは言うまでもありません。

このような出来事から「質問中心の研修の理念」に賛同して下さる方であればこの手法をもっと多くの人にお伝えしていくことにより結果としてより幸せな講師が増えその講師の研修を受けたより幸せな企業さんが増える。

1人だけでやっているよりも大きな幸せを世の中に創ることになるのであればこの活動に意味があると考えが変わってきました。
 

「あなたのおかげで会社が変わった」

社長さんからこのように言われる鍵は、

あなたの研修を「質問中心の研修」に変えることです。

 

この機会に、このメソッドを手に入れて下さい。

 

【ダイジェスト版】(半日コース)

ご紹介割引あり(受講料 10,000円)のお申込み

↓↓↓

【ダイジェスト版】(半日コース)

ご紹介割引なし(受講料 15,000円)のお申込み 

↓↓↓

【通常版】(1日コース)のお申込み

↓↓↓

オンラインでのセミナー動画購入希望の方
DVDではなく【オンライン配信】なので、外出先でもご覧になれます。

今はセミナーに申し込まない場合

「今すぐはセミナーに申し込まないが、

 今後 ”講師業向けセミナー情報”はメールで受け取りたい」

という方は、こちらにご登録下さい。

不定期ですが、メールにて情報をお届け致します。

なお、配信解除は、ご自身でいつでもできます。。

新着情報

学んで実践!

素晴らしい仲間が、どんどん増えています。

「株式会社」 にしました

「個人事務所」 から「株式会社」にしました。皆様のおかげです。ありがとうございます。

事務所紹介

サクシード・マネジメント株式会社 (旧社名:オフィスクリエイトワン・21)

金沢オフィス住所

〒921-8013
金沢市新神田2-13-21
第2城南開発ビル3F

東京オフィス住所

〒108-0074
港区高輪3-25-22
高輪カネオビル8F

ご連絡先はこちら

076-292-7375

076-292-7362

office@genkikigyou.com

事務所紹介はこちら

お問合せフォームはこちら